着色や食べかすなどにより歯が汚れると、やがて歯石となり、歯垢や細菌が繁殖し口臭の原因となります。 喫煙やコーヒー、紅茶などは着色しやすく、なかなか落ちません。 歯石はブラッシングで落とすことは難しく、ますます食べかすが付きやすくなります。 症状が進むと虫歯や歯周病を引き起こします。

虫歯は磨きにくいところ、歯と歯の間などに発生しやすく、初期の段階では気づきにくいものです。 悪化するほど食べ物は詰まりやすく、さらに磨きにくくなります。 表面はそれほどではなくても、中まで腐敗は広がり、悪臭を放つようになります。 歯周病も歯石などが起因となり、歯周病菌が歯と歯茎の間から入り込み、歯周ポケットが深くなります。 そこに細菌や食べかすが入り込み、口臭を放つようになります。

ブラッシングで出血しやすくなると、血の臭いまで混じるようになり、さらに進行して歯槽膿漏ともなると、膿の臭いまで混じり、口臭はますますひどくなります。 歯磨きの仕方が悪かったり、歯並びが悪いためにしっかりと磨けない場合など様々なことがありますが、定期的な歯科受診で汚れを取ることが大切です。