歯が汚れると口臭になります。 タバコのヤニ、歯垢、着色汚れなど様々な汚れがあります。 汚れは雑菌を繁殖させ、口臭の原因となります。

歯磨きをあまりしない、あるいは、歯磨きをしても適当で磨き残しがあると、汚れが積み重なって歯垢となり、雑菌の巣となります。 とくに、歯と歯の間の汚れは磨ききれずに残ることが多いものです。 ですから歯石は歯と歯の間にできやすいのです。

歯石が溜ると歯茎から出血しやすくなります。 血が出ると、口臭に血の匂いも加わります。 また、歯茎の炎症を抑えるための白血球などの炎症細胞が集まり歯茎が腫れ、浸出液が滲みだしてきます。 さらに、進行して歯槽膿漏ともなれば、膿が出てくるようになり、一層口臭がひどくなります。

歯の汚れに加え、唾液の分泌量が少ないと口臭が強くなります。 唾液には殺菌作用もあり、細菌の増殖を抑えますので、唾液の分泌量は重要です。 また、同じ口の中に合っても、歯は磨いても舌を磨く方は少ないようです。 舌には舌乳頭という突起が多数あって、舌苔が繁殖しがちです。 歯の汚れは舌の汚れにもなりますので、舌磨きも大切です。